【新書紹介】幸福寿命

内容紹介(Amazonより引用)
「死ぬまでずっと幸せでいたい」。
究極の願いをかなえる方法、お教えします。

私たちが生きる目的は「健康でいること」より「幸せになること」。
そこに導いてくれる生命のメカニズムを解き明かす。
1日20分の運動で「ホルモン」を活性化すれば身も心も健やかに。
体内の発電所「ミトコンドリア」を元気に保って老化を防ぐ。
おなかが減って「グー」と鳴るのは健康のサイン。
長寿のカギを握る「腸内細菌」。生き生き笑顔で「100年人生」を満喫するための極意!

――目次――
【はじめに】 100年人生時代と幸福寿命

【第一章】 「幸福」のトップダウン方式
幸福至上主義/青い鳥はどこにいるのか?/生きとし生けるものの宿命と幸福/〝いい幸福〟? 〝悪い幸福〟?/「超高齢社会」での幸福/Happy people live longer(幸せな人は長生き)に秘められた暗号(コード)

【第二章】 「幸福」は「あいだ」にある
「幸福」は結局、「自分」のため?/一人では幸福になれない――「不二(ふに)」と「あいだ」/「人間」と「人」との違い/「生きている」ことと「仕切り」/日本建築と西洋建築の違い/「あいだ」を大切にする日本人│距離感の取り方/AI(人工知能)で「幸福」を測る?/「親身(sym-me)」ということ│いい医師になるための秘訣/人生のスケールと「幸福」/「出たとこ勝負」と「幸福」/「モモ」の三兄弟/AI(人工知能)は「幸福」を感じるのか?
「メタボリックドミノ」と時空医療

続きはこちらから